土地活用事業の流れ

相談期間から事業決定までは、お客様の状況や金融機関の判断が関係しますので事業計画ごとに要する期間や方法は異なります。
当社はまず相談期間を設けています。相談の詳しい内容についてはこちら>>

下記工程は、相談期間を終えて事業計画の決定後から建物が完成するまでの基本的な流れです。
期間については、建物(施設)の種類によって大きく異なりますが、事業の流れは一般的にほとんど同じとなります。参考にご覧ください。

金融機関へ事業資金融資の打診
オーナー様の承諾後、金融機関へ借入れの打診を行います。借入審査のために提出書類がありますので、準備行います。(当社を通して行いますのでご安心ください)
<提出書類の一部:参考>収入証明書、企画図、事業収支など
 
事業計画が高齢者住宅や老人ホームなどの場合は運営会社への打診
計画地の場所や建築する施設の種類により運営会社にも得意不得意がありますので、考えた選定と打診の方法は重要です。(高齢者住宅や介護施設の場合は、相談期間に運営会社の選定しておくことが必要となります。)
 
契約の締結(事業を行う上でのスタートとなります)
事業計画により契約書や契約内容も異なりますが、事業に必要となるな金融機関や運営会社、サブリース会社等の選定が決まったら各種契約の締結に入ります。
契約書は内容を読み上げ不安等のないようにおこないます。
 
建築設計監理契約・実施設計スタート(設計事務所)
事業計画に沿った基本計画図や工程表を作成し、今後の流れを確認していただきます。
設計事務所と正式に設計監理契約を結びます。ご提案の基本計画を元に実施設計に入ります。
当社は設計に遅れがないよう進行管理を行います。
 
施工会社の選定
設計事務所の実施設計図を元に施工会社へ工事見積依頼します(数社)。金額面をはじめアフターサービスなども検証します。無駄なものは省き、コスト削減し、かつお客様のニーズにお答えできるよう見積チェックを行い、施工会社を選定いたします。
 
建築工事契約・着工・工事監理
施工会社と契約をし、工事開始となります。
設計者の目で設計図に沿って工事が行われているか、スケジュール通りに進行しているかなどチェックを行い、設計事務所及び施工会社の管理を行います。
 
入居者募集(賃貸マンション計画の場合 事業による異なります)
賃貸経営の場合、完成近くなってきたら入居者の募集を始めます。
賃貸マンション等でもサブリースで一括貸しを行う場合は、特に業務はありません。
 
竣工引渡し
完了検査等終了後に引渡しです。
 
管理契約(事業により異なります)
建物修繕、入居者の管理、入居者様とのトラブルを当社でサポートいたします。(委託の場合)
 
<その他>
借入れ金融機関のご紹介・選定・資料提出も行ないます。
⇒土地活用成功のポイント
事業が決定した後は、金融機関への打診、設計事務所、施工会社などの各専門分野との折衝業務があります。賃貸経営の場合、管理はサブリースか個人(お客様)管理か、高齢住宅や老人ホームなら運営会社探しから契約まで、多方面に業務が発生します。全てのことを把握し、事業計画をサポートすることは、安心な土地活用を行うためには大切です。