土地活用の考えかた
土地活用を考える時は「なんのために土地活用をしたいのか」という目的を考えることが必要です。
それによって、土地活用の方法は変わります。
土地活用には、節税対策、安定収入などメリットも多くありますが方法を間違うと収益がなく税金が多く取られるなどマイナスになることもあります。
成功の土地活用を行うために、「計画性と状況の把握」もポイントとなります。
困った時、不安な時は土地活用相談センターをご利用ください。
土地活用の目的を明確にしましょう。
目的によって土地活用方法も異なりますので、税金対策(相続税、節税など)、収益目的(家賃収入、売却収入)などしっかりと決めてましょう。
景気の市況により不動産の動向や建築費の動向が大きく変動したり、税制が改訂される場合があります。
また事業資金を借入金でまかなうことが多いため金利の変動もポイントとなります。
将来的な動向も含めて検討していくことが大事です。
所有している土地の利便状況は事業計画に大きく影響します。
そのため交通や周辺環境、商業施設、公共施設などの調査が必要です。
また、土地の形、性質、接している道路の状況によっても建てられる建築物が変わってくるので所有地の状況を把握することは重要となります。
⇒土地活用成功のポイント
土地の目的を考え、現在の社会情勢や将来の動向を視野に入れ、所有地・近隣の状況を把握し、条件に適した企画をたて、計画的に事業を進める事が大事!