サービス付き高齢者向け住宅のメリット
サービス付き高齢者向け住宅を建築した場合の支援のご説明です。
1.補助金の交付
「サービス付き高齢者向け住宅」の登録が完了し申請を行うと、国から補助金が支給されます。
登録の条件はこちら>>
2.長期の安定した経営
事業計画地や周辺環境など地域性もありますが、少子高齢化が進行するため、一般のアパート・マンションよりも入居率と賃料収入が得られる地域があります。
経営は、もちろん知識や実績のある医療法人や介護事業者にお任せします。
医療法人や介護事業者の一括借上げ・家賃保証(20年〜25年)となり、借上げ支払の賃料は、入居者の賃料と介護報酬を主な収入源とするため長期的な安定した事業と言えます。また、この一括借上げは数年ごとの賃料の減額がありません。
3.社会貢献
介護事業と複合的に設置した場合、地域コミュニティの形成に非常に有益性もあり、また高齢者が安心して生活することができる住まいの提供に関し社会的地域貢献ができます。
4.相続税の税制優遇
サービス付き高齢者向け住宅の補助金を受けていることが要件で、所得税、法人税、固定資産税、不動産取得税が優遇!! 所得税・法人税は割増償却が可能となり、固定資産税・不動産所得税は減額措置となります。
5.融資関連の支援
融資の優遇措置は国などの補助金を受けていることが要件で、サービス付き高齢者向け住宅に対する住宅金融支援機構の融資条件が緩和されます。 ●専用部分に台所や浴室などを設けていない場合でも、別担保不要 ●前払金について、民間金融機関のリバースモゲージを住宅金融支援機構の住宅融資保険の対象に追加 ※リバースモゲージとは自宅を担保にして金融機関から借入れ、死亡時に不動産の売却によって返済するしくみ
6.用地の活用
通常の賃貸アパート、マンションとは違い、駅から遠い敷地や不整形地容積が消化できない土地であっても、有効に活用することができます。
⇒土地活用成功のポイント:サービス付き高齢者向け住宅版
計画地の調査を行い、どの方法が一番最適な土地活用方法なのかを判断し、「サービス付き高齢者向け住宅」の登録が完了した場合は、特典を活かすことがポイント。