高齢者住宅・介護施設について
少子高齢化になっている社会で今急務で必要になっているのが高齢者住宅、介護施設です。
当社は土地活用の1つの方法として、サービス付き高齢者向け住宅や老人ホーム・グループホーム、デイサービス・ケアハウスなど、新築だけでなく建築後の改修に力を入れてご提案しています。
小さい規模の土地や現在未使用の空寮などは、事業予算も多くならず、また建築期間も短いため、賃貸収入が早くから開始するなどメリットがあります。
◆高齢者住宅や介護施設の種類

介護施設の分け方は、「受けられるサービス」の内容で区別しています。
分かりにくいですが、入居者様は、基本的にどの施設も介護することは可能です。

@「施設サービス」

  【介護保険三施設】=特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設

 

A「居宅サービス」

  運営会社が自治体や社会福祉法人:養護老人ホーム、軽費老人ホーム(A型、B型、C型)

  運営会社が民間        :有料老人ホーム(介護付、住宅型、健康型)など

 

B「地域密着型サービス」  グループホーム(運営:民間)

◆高齢者住宅や介護施設の経営

通常、有料老人ホームやグループホームなど介護施設やサービス付き高齢者向け住宅は、オーナー様が建築し、運営会社などの企業に建物を一棟貸しする方法を取ります。(オーナー様は、その運営会社と賃貸借契約を結ぶことで「一括賃貸」という形を取ります。)
※「一棟借り」とは、運営会社が地主様が建てた建物を一棟全部借りることを言います。

 

それでは運営会社はどうやって選定するの?・・・
現在運営会社は地域型の会社から大企業までたくさんの運営会社があります。
満室の建物するためには、入居者が楽しく過ごせる住居にする必要があります。そのためには運営会社の質が問題となります。
運営会社には、得意地域や得意施設があるので、タイプにあった運営会社を選定する必要があります。

⇒土地活用成功のポイント
計画地にはどの施設が適しているのか、どのような運営会社がよいのか、見極めることがポイント!