高齢者住宅・介護施設の現状と必要性
◆少子高齢化の進行
ご存知のように少子化が進み高齢化社会になっています。
5人に1人が高齢者の日本は、地方だけでなく大都市でも増加していきます。
20年後には高齢者人口がピークになると言われ、一人暮らしの高齢者や介護の必要な高齢者も増え、住宅事情の深刻化が予測でき問題視されています。
◆現状の高齢者住宅・施設数
下記の表から高齢者の施設や住宅を諸外国と比較しても大きく不足しているのがわかります。
高齢化社会の進行に合わせて、社会のニーズ性から考える高齢者住宅や介護施設はの急激な整備が必要となります。
◆高齢住宅・介護施設の土地活用

高齢者住宅介護施設等の増加が必要の中、社会のニーズ性の高い「高齢者住宅」の建築は、土地活用方法の1つです。
オーナー様ご所有の場所や周辺環境によっては、確実に需要がある高齢者施設は運用面も有利だと考えられます。しかしまったく何も問題がない、という訳ではありません。どんな事業を行うにも良いところ、悪いところがあります。当社はそれを含め考えた上でオーナー様にご納得いただき、事業を行うことをご判断いただきたいと思っています。
下記はメリットデメリットに分けてみました。賃貸マンションの土地活用で、サブリース会社への一括借上げの場合も同じです。

 

高齢者住宅等の建築は、施設の種類によりますが、国や自治体より補助金が支給される建物もあります。
「高齢者住宅・介護施設」の詳しい説明はこちらから>>

○サービス付き高齢者向け住宅 国土交通省より支給
○グループホーム 東京都のみ支給
※支給には各々条件があります。
当社は補助金申請業務を行っておりますのでお問合せください。

⇒土地活用成功のポイント
計画地周辺の高齢者の人口、施設数等の調査、協議を行い、満室になる高齢者住宅や介護施設を建築することで社会貢献になる建物を作る