よくある質問
一般的なご質問を集めました。その他のご質問はこちらからお問合せください。
◆土地活用に関するご質問
(1) Q:父が所有している土地の相続が心配です。マンションを建築すると相続税対策になりますか。
A:お客様の資産状況がわかりませんが、マンション建築はかなりの費用がかかりますので金融機関からの借入れが予測され、その場合に相続税額が借入れ分減額され、他に軽減措置が適用する場合もあります。
ただ、金融機関からの借入れとなりますので、利息や手数料等もかかりますので安易に考えず、お客様の所有地状況にもよりますのでご相談ください。
(2) Q:賃貸マンションの建築を考えていますが、賃貸の経営がやっていけるのか、事業費用が心配です。
A:確かに多くの費用が予測されますのでご心配になるのも当然です。当社では、お客様の所有地にどういう建築物がいいのか、今後の不動産状況などいろいろな角度から調査し、所有地に最適な建築物をご提案いたします。事業予算、借入費用、建築後の収支を予測したシミュレーションを取り入れわかりやすくお客様に説明しています。
(3) Q:賃貸マンションを建築する上で、建物管理、空室や入居者とのやりとりが不安です。
A:そのような場合はサブリース会社をおすすめしています。
サブリース会社は、オーナー様から物件を借上げ、オーナー様に代わって入居者に転貸する会社です。入居者の入金管理、契約、空室の募集なども代行します。
オーナー様は空室に関係なく毎月定額の家賃を受け取ることができ、安定した賃貸経営ができます。(サブリース会社により契約状況が異なりますので各社精査が必要です)
>>サブリースについて
(4) Q:賃貸経営をする上でメリットとデメリットを教えてください。

A:所有地やお客様の状況で多少違ってきますが、

メリット ・長期安定収入 ・固定資産税の軽減 ・相続税の節税
デメット ・初期投資資金 ・建物及び賃貸管理業務(空き室の対応含む)
が一般的です。

>>土地活用を知る

(5) Q:高齢者住宅建築を考えていますが、何もわからなくて大丈夫でしょうか。
A:ご安心ください。どういう施設があるのか、それはどういうものなのか、お客様の所有地に適する施設はどんなタイプなのかご説明いたします。
(6) Q:高齢者施設と賃貸マンションで迷っています。
A:最近ではとてもよくある質問です。高齢者施設も賃貸マンションもどちらにもよいところ、悪いところがあります。
老人ホームなどの高齢者施設には、土地の大きさ等も決まっていますが、まずはご所有地を教えていただき、判断させていただければと思います。
(7) Q:敷地の条件がよくないのですが。
A:敷地の条件がよいのものばかりではありません。施設により敷地の大きさも異なります。お客様の所有地がどのタイプの施設が合うか、また、通常の賃貸マンションがよいのか、などトータルで判断いたします。
>>当社の特長
(8) Q:どうやって運営会社やサブリース会社を選べばいいのでしょうか。
A:運営会社やサブリース会社には、施設の種類や地域によっても得意不得意があります。 そういったことを踏まえて当社より紹介しております。
契約書等の内容もしっかりと確認いたしますのでご安心ください。
(9) Q:賃貸アパートを経営していますが空室が多くなってきていて困っています。
A:アパートを建てても、新築後数年経過すると入居率は下がり、また家賃を下げることも考えなくてはいけません。所有地の場所にもよっては、高齢者住宅なども検討する必要性があります。高齢者住宅や介護施設は、 運営会社による一括貸しのため、長期安定収入を得られ、建物管理もアパート経営よりは軽減できる可能性もあります。
>>高齢者住宅の必要性
◆土地活用相談センター(当社)に関するご質問
<1> Q:土地活用相談センター東京の相談はどんなことしてもらえますか
A:土地活用のご相談のあ場合、まずお客様のご所有地にどのタイプの土地活用方法がいいのかを判断しました。そのために調査業務を行い、プランの作成、シミュレーション、また専門分野担当が必要であれば担当者を同席し簡単なアドバイスを行います。
>>相談のしくみ
<2> Q:土地活用の相談を行っている会社はたくさんありますが、何か違うのですか。
A:当社は、お客様ごとに適した土地活用をオーダーメイドしています。自社製品の型を作っていないので、物件ごとにその都度適した会社を選定します。
>>当センターと大手会社の違い
<3> Q:土地活用の相続関係、税務関係も含めて相談していいですか。
A:当社は、税理士、弁護士、司法書士など専門分野のプロと1つのチームとして担当しますので、設計業務はもちろん、不動産、また相続に関する税務に関してもお答えしています。
>>当センターの特長