土地活用 COLUMN Vol.6
土地活用相談センター発信のコラムです。都心と郊外の土地活用はどう違うのでしょうか。
郊外の土地活用

郊外での土地活用、その秘訣とは。

 

首都圏を取り巻く郊外では、割りと広い土地を持て余すことがあります。
そのままにしておくよりも土地の広さを生かして有意義な土地活用を考えてはいかがでしょうか。

 

都心部で土地を持っていたとしても比較的規模の狭い土地が多いです。
逆に郊外は広い土地を所有されている方が多いです。せっかくの広い土地を上手に生かした土地活用はいろいろな提案ができます。
都心部のように人が密集するエリアよりは、需要が小さくなるとしても、建築をする場所さえ選べば、郊外と言えどもマンションやアパート経営は土地活用として有効な選択となります。
郊外でも比較的住みやすい商店街がある駅周辺に建築をしたり、大学近隣の場所に学生向けアパートを建築したり、ニーズに合わせた企画を考えれば土地活用としては有効です。

 

郊外でのマンションやアパート経営に不安な場合は、大手会社によるサブリースを利用することも可能です。サブリースを活用すれば毎月安定した収入が得られます。
長期間安定的な賃貸経営が行われれば、土地のみならず土地・建物での付加価値が生まれ、将来の売却資産としても有効になります。

ロードサイドであれば、郊外向けの大規模店舗やコンビエンスストアー、自動車整備を併設したカーディーラーなどを建て、土地、建物を賃貸とすることも考えられます。

 

またクリニックモールで都心部と郊外を比較した時、都心部ではビルインとなることが多く、各階で違う科目をいれる企画となりますが、郊外は、十分な駐車場を完備し、木造のクリニックを点在させることも可能です。
その他郊外の観光地では駐車場不足の影響で、交通渋滞が起こる場所も多々見受けられます。こういったエリアでは時間貸し駐車場での土地活用も考ることが出来ます。

 

郊外であっても、大規模な住宅街や利便性の良い住宅街であれば、戸建賃貸での土地活用も考えられます。 都心部での戸建賃貸ですと賃料設定が高額となり、ニーズが少ないのですが広い庭付きの戸建賃貸は郊外ならではの企画です。

*** まとめ ***

都心、郊外とでは土地活用の方法が違います。マンション、アパートを建築すればよい、というものではありません。その土地のニーズをしっかりと調査し、郊外の利点を生かした土地活用の方法を見つけましょう。