土地活用 COLUMN Vol.3
土地活用相談センター発信のコラムです。
東京の土地活用

今回のテーマは「東京」です。

 

資産価値の高い東京での土地活用とは・・・

関東圏でも都心部を除く東京は、とりわけ人口密度が高く、商業地域から住宅地域まで幅広い用途に囲まれ、土地活用としては様々な選択肢があります。
東京の市部では、都心部に通勤が可能であるため、郊外からの移住者も多く、土地活用として賃貸アパートやマンションなどの賃貸経営に適しています。
しかし、東京では既存の賃貸アパート、マンションの競合も激しく、空室や家賃の下落などリスクも考えなくてはいけません。
それではどのようにしてリスクを減らしていくか・・・
ひとつの方法としては、何らかの「付加価値を付つける」ことです。

その付加価値とは何か。

例えば・・・

○音楽大学の近いエリアは音大生をターゲットした防音設備をある建物

○郊外では、バイクや車好きのためのガレージ付の建物
 都心部では駐車場代金が高いので郊外に適しています

○都心部近くでは、女性ターゲットにデザイナーズマンションやセキュリティを強化した女性専用マンション

といった既存アパートやマンションとの差別化を図った提案が必要と考えます。

 

また東京での賃貸アパート、マンション経営では、比較的高い賃料を得ることは可能ですが、空室対策、家賃滞納、建物管理などオーナーのかかえる問題もあります。
そういった問題解消方法としては不動産会社によるサブリース方式があります。
サブリースは、賃料の85%〜90%と通常より若干安くなりますが、リスクとなる空室や家賃滞納を回避することは可能です。また、建物管理やメンテナンスなども依頼できるので土地活用の知識として、検討してみることをおすすめします。

*** まとめ ***

土地活用は、地域の特性、周辺の状況も調査し付加価値をつけて行うといいでしょう。
また考えられるリスクの対応策を提案してくれるアドバイザーを見つけましょう。