土地活用 COLUMN Vol.2
土地活用相談センター発信第2回目のコラムです。土地活用を成功へ導くためのお話しです。
相続対策による土地活用

今回のテーマは「相続対策」です。
将来のことを考え、土地活用での相続対策をお話しします。

 

両親が残してくれた土地などの資産を相続する際に、相続税で大きな負担を強いられるケースが非常に多く見受けられますが、相続対策のための土地活用はいろいろあります。

相続対策のためには、今所有している不動産の評価、預貯金などの現金、有価証券などの保有資産を把握しておくことが重要となります。その上で相続税額に応じた対策を練ることが必要です。

 

相続対策が必要な土地が商業地や観光地に隣接している場合や駅に近い土地である場合には、時間貸し駐車場(コインパーキング)や駐輪場に転用することで軽減処置が受けられる場合が有ります。

時間貸し駐車場(コインパーキング)や駐輪場での相続対策は、初期投資も比較的少ないのが特徴です。

大手不動産会社から中規模の専門会社まで複数の運営会社が存在し、そのほとんどが一括借上げシステムを採用しております。集金業務や管理業務は運営会社が行いますので、安心な土地活用と言えます。

 

一般的な相続対策としては、アパート経営やマンション経営と言った賃貸経営はよく耳にするのではないでしょうか。この相続対策は実績も多く、それなりの節税効果が見込めますが、開発リスクが伴うことを考慮しなければなりません。

 

相続対策が必要な土地情報を開示頂ければ、複数の運営会社との窓口となり、各種提案書の内容精査や賃貸契約書についてのアドバイスも出来ます。

不安な方はお声をおかけください。

*** まとめ ***

重要なことは、相続対策に必要な節税効果、自己資金と借入金額のバランス、返済計画からをふまえた余剰金の確保、所得税に対する節税対策、入居・管理など様々な要素を熟考し、税理士や弁護士を交え、将来性の有る資産形成を目的とし、相続対策として妥当性があるのかの精査が必要です。