土地活用 COLUMN Vol.1
記念すべき土地活用相談センターが送る第1回目のコラムです。土地活用を成功へ導くためのお話しです。
土地活用を成功するために

当社は今までたくさんのお客様とお会いして、多種多様な土地活用の提案を行ってきました。そこでやはり重要なのは、お客様の所有地をどのような方法で活用をするのか、ということです。
それではどのようにして活用の方法を決めるのか・・・

 

それは、地域の環境、居住者の属性、自治体の状況などいろいろな角度から検証して決めることです。

活用の方法は、大きく分けて「売却」と「賃貸」の2つです。

賃貸の中には駐車場や定期借地などあまり初期投資がかからない方法とアパート、マンションなどを建築して貸す方法があります。

後者は、初期投資に資金がかかりますが、成功した場合は長い間安定的な収益を得ることができます。また賃貸経営は、固定資産税などの税金や管理費など自己負担になりますが税金の減額対象となる場合もあるため節税効果と捉えることもできます。
賃貸経営の方法により、所有者が負担する費用が異なるため計画段階で把握しましょう。

 

また建物を建築する際は何を建てるかを見極めることも重要です。
周辺環境や自治体の調査をし総合的な検証を行ない、その場所に適した建物を建築しないと土地活用の成功とはなりません。
例えば、周辺に介護施設などの高齢者住宅がたくさん建っている、競合他社が多いエリアに介護施設を建築しません。データを取りしっかりとした計画をたてることが重要となります。

 

「土地活用」は融資を行なう金融機関、固定資産税・不動産所得税などの税金、建物を建築する設計士・施工会社、賃貸を行う不動産など各々で専門的な知識が必要とされます。

会社によりやり方はいろいろです。相談や調査を無料で行なうところもあります。

知らないと払わなくてよい費用までかかる可能性が考えられます。
相談をすることで、費用、税金、手続きなど知らなかったこともイメージができるようになります。まずはご相談からはじめてはいかがでしょうか。

*** まとめ ***

大事な所有地を安心して活用するには、信頼のおける土地活用プランナーを見つけることが土地活用成功の近道だと考えます。