賃貸経営のいろいろ
賃貸経営の形は、オーナー併用住宅をはじめ、一般賃貸住宅、商業施設など種類がたくさんあります。また賃貸住宅には、高齢者住宅や介護施設などもあり、節税対策、補助金支給、投資などいろいろな需要から増加しています。
予算、条件だけでなく、細かな要望も把握し、初めての方にでも安心の活用法を提案したい…など、長年の経験と実績がある私たちだからこそできる、「賢く節税」、「賢く収入」、「賢く相続」で賃貸経営をお手伝いします。
土地活用の方法は、お客様の数だけあります。
当社はそんな土地活用を型にはめず、オーダーメイドで対応いたします。
◆1 賃貸経営に関するポイント

POINT1.賃貸経営の計画性と賃貸併用住宅

賃貸経営は、低金利が続く現在、比較的少ない資金、リスクで始められ、節税効果も高いことから需要増加となっています。
賃料収入が予定より少ない場合は計画に狂いが生じるので入居者のターゲット絞込み、入居者ニーズの高い建物を計画することは、賃貸経営を行う場合は 重要となります。
また賃貸併用住宅とは、ご自宅と賃貸住宅を併用して作る建物です。
ご自宅を建て替える場合、賃貸住宅と併用することにより家賃の収入を得ることが可能です。

 

POINT2.資産を残す

土地は時代の変化とともに状況に応じた活用をすることで資産価値が高くなります。
賃貸住宅の条件に適応する場合、安定した収入源となるだけでなく、高い資産として引き継ぐことが可能となります。
安定した収入を得るため、入居者様が生活しやすいデザイナーズ賃貸住宅設計をするのも大切な鍵となります。

 

POINT3.家賃収入

賃貸住宅は長期にわたって安定したご入居者を確保できます。 月々の収入は、借入の返済はもちろん老後の生活の資金源にもなります。 家賃収入や入居者とのやりとりなど賃貸経営を委託する事も可能です。ぜひご相談ください。

 

POINT4.税金

賃貸経営に関わる税金のご説明です。
賃貸経営を行うことで税金を削減できるものもあります。

 

◆2 賃貸経営の豆知識

○お客様の土地活用の目的はどんなことが挙げられるでしょうか。
・「税金対策(固定資産税、相続税対策)として使いたい」
・「安定した収益を確保したい」
・「老後の生活設計として活用したい」
など、土地活用の方法はお客様によってさまざまです。
賃貸は「借主に場所を提供する・・・」だけではありません。
お客様とのコミュニケーションが必要です。

 

POINT1.活用方法の検討・整理

土地活用の目的は、収入ですか?税金対策ですか?
目的を達成するのための方法として土地全体を使用しますか?一部ですか?
目的意識をしっかり持って、所有地はどのように活用したいかを考えましょう!

 

POINT2.社会情勢の意識

金融機関の金利の変動は、借入れで行っている経営者は、金利変動が収支に影響するのでチェックは欠かさず!
税金対策での賃貸経営は、法律や税制の改訂により節税効果も増減しますので日ごろから気にしておきましょう!
工事をする上で資材、工事の金額、また賃貸の入居需要や賃料など、金額の把握も必要です。
建設業界、不動産業界など社会的動向もチェックしておきましょう!

 

POINT3.「入居様=お客様」

賃貸とは、入居者様が重要なカギを握っています。
入居者ニーズの高い魅力ある物件を建てることも満室のポイントになります。
また、トラブルやクレームは誠意のある対応を心がけ、定期的なメンテナンスなど入居様の立場にたった物件にしていくことが大事です。